自動車の足回りは色々な部品で構成されています。ホイール、タイヤ、ブレーディスクやキャリパー、サスペンションなど様々な部品から構成されており、それぞれが非常に重要な役割を担っています。その一つがサスペンションと呼ばれるもの。大まかに説明すると金属製のスプリングとダンパーから構成されており、タイヤハウスを覗いて見ると、その部品を確認することができます。このパーツがあることにより、舗装されていない道や悪路を走行中でも道路から来る衝撃少なくすることができるのです。ダンパーの中にはオイルが入っており、粘度を変えることでサスペンションの硬さを変えることができます。サスペンションを硬くすることにより、地面からの衝撃が大きくなってしまう反面、タイヤを地面に押し付ける作用があるため、走行性能を求める方には定番のカスタムとも言えます。ダンパーのオイルと同様にサスペンションを構成してるスプリングも硬いものに変更することで更に地面を捉える作用が大きくなります。これはサスペンションと呼ばれる部品ですがそれ以外にも様々なパーツで構成されており、各パーツを調整することにより、自分好みの足回りを実現することができます。gf1120209840m